Visual Guard Entreprise Edition Architecture 

Visual Guard Entreprise Edition Architecture

Visual Guard is a modular solution covering most application security requirements, from application-level security systems to Corporate Identity and Access Management Solutions.

Visual Guardは、次のコンポーネントから構成されるモジュラー型のソリューションです。

VG ランタイム

  • VGランタイムは実行中のアプリケーションにセキュリティ ルールを適用します。
  • VGランタイムはアクセス コントロール機能(認証、パーミッション、ログ作成など)を提供します。
  • VG ランタイムは複数の .NETアセンブリから構成され、きめ細かなAPI を提供します。

VG Win コンソール

  • VG Win コンソールはWinフォーム アプリケーションです。
  • 開発者はVG Win コンソールを使って、自分たちのアプリケーションへのアクセス権 を定義します。
    そのために、開発者はアプリケーション、パーミッション、パーミッション セット、およびロールを宣言します。
  • Win コンソールは、配布ウィザードが含まれており、これによって稼動時にセキュリティ データを配布します。
  • また、ダイナミック パーミッションを定義する パーミッション エディター が組み込まれています。

VG Web コンソール

管理者および監査者向けのWebアプリケーション

  • 管理者はWeb コンソールを使ってユーザの管理とユーザへのパーミッション付与を行ないます。
  • 監査者はWeb コンソールを使って、セキュリティ レポートの生成やユーザが実行する操作をプレビューできます。

VGリポジトリ

  • VGリポジトリとはセキュリティ データ(ユーザ、パーミッション、ロールなど)を格納するデータベースです。
  • このデータベースは、最初、テスト モードで配布され、次いで本番稼動時にアプリケーションに配布されます。

Visual Guard Architecture

Visual Guard is a flexible solution that complies with most architectures and technical requirements.
Discover several examples of possible implementations

Visual Guard Server

  • VG サーバによって、アプリケーションはリポジトリと通信できます。
  • VG サーバは次の状況で使用されます。
    - 複雑なアーキテクチャ(アプリケーションはリポジトリと直接、接続できない)
    - .NETやPowerBuilder以外のテクノロジによって開発されたアプリケーション
  • VG サーバは特定の管理コンソールと共に納入されます。詳細はここを参照

 

リソース